【障がい学生支援】遠隔授業に関する情報共有(教員向け)

トップページ教職員の方 > 【障がい学生支援】遠隔授業に関する情報共有(教員向け)

合理的配慮が必要な学生が履修している場合の対応


オンライン授業の実施のあたっては、受講学生の障がいの種類及び程度に応じて、特に配慮を要する場合があります。以下の内容を参考にご対応いただけたらと思います。
 
【聞くことに困難さがある場合:聴覚障がい、発達障がい等】
■リアルタイム配信の場合
・音声伝達にタイムラグが生じることがありますので、カメラに向かって通常より「ゆっくり・はっきり」発話して下さい。
・口元を見やすいようにマスクの使用を控えていただけると幸いです。
・要点をチャットで共有していただけると幸いです。
・学生から要望があった場合、音声認識ソフトでの文字起こしや外部団体による遠隔文字通訳といった方法を検討しますので、障がい学生支援室へご相談下さい。その際には授業資料を事前にご提供下さい(音声認識や遠隔文字通訳の精度向上のため)。
 
■オンデマンド配信の場合
・講義資料は文字情報を通常より多めにしてください。
・映像教材には字幕を挿入して下さい。字幕挿入が困難な場合は、読み原稿等をご提供いただけると幸いです(字幕・読み原稿ともにご提供いただけない場合は障がい学生支援室へ早めにご相談下さい)。
 
【見ることに困難さがある場合:視覚障がい、発達障がい等】
■リアルタイム配信、オンデマンド配信共通
・PCの読みあげ機能等で学生が音声出力できるよう、講義資料をテキストデータでご提供下さい。
・図や画像には代替テキスト(簡単な説明文)を挿入して下さい。
・大きめのフォントを用いて下さい。
・色を多用せず強調する場合は下線等を用いて下さい。
・指示語を用いず、資料のページ数・行数等、該当箇所を具体的に説明して下さい。
 
【動作に困難さがある場合:肢体不自由等】
■リアルタイム配信の場合
 対象学生に発言等を求める場合は、適切な方法について事前にご確認下さい。
 
■オンデマンド配信の場合
 対象学生に課題等の提出を求める場合は、適切な方法について事前にご確認下さい。
 
【連絡先】
 
(合理的配慮を必要とする学生支援に関する事項)
障がい学生支援室:098-895-8750 g-support★acs.u-ryukyu.ac.jp
(上記「★」記号を「@」記号に置き換えて下さい)
 
〈各学部窓口〉
人文社会学部 学務係 098-895-8188
国際地域創造学部 学務係 098-895-8184
農学部 学務係 098-895-8738
工学部 学務係 098-895-8583
教育学部 学務係 098-895-8317
理学部 学務係 098-895-8595
医学部 学務係 098―895-1032
 
【参考資料】
・東京都立大学オンライン授業サポートページ〈教員用〉「合理的配慮が必要な学生が履修している場合の対応」
・琉球大学における障がい学生支援ポリシー
 
 

pdf版はこちらから

ページのトップへ