オンライン・アクセシビリティ講座

トップページ > オンライン・アクセシビリティ講座

「2018年度版 オンライン・アクセシビリティ講座」の利用案内について
 
【アクセシビリティとは・・】
 アクセシビリティとは、「利用しやすさ、参加しやすさ」のことを言います。
 例えば、段差があるバスの乗り降りが困難であるのは、身体に不自由をもった障害者だけではなく、足の不自由な高齢者やベビーカーを利用している保護者など様々です。段差のあるバスを「ノンステップバス」に変えることで、誰もが利用しやすい交通手段となります。
 このように、身近にある社会的障壁(上記の例では、段差のことを指します。)を無くすことにより、障がいのある方も暮らしやすい社会の実現が可能となります。
 
【実施目的】
 身体特性や障害の有無、年齢や言語・文化や社会背景の違いといった多様性とその特性をよく理解し、「多様な可能性を開拓する社会の構築」を推進・創造していくために必要な、知識・技術・経験とコーディネート能力を持った人材となる「アクセシビリティリーダー(AL)」の育成を推進することを目的とします。
 
【受講対象者】
 本学に所属する学生及び教職員
 
【受講方法】
  1. (1)以下の項目を記載し、障がい学生支援室までメール又は来室により受講希望である旨をご連絡ください。
  2.  (①氏名 ②所属 ③学年・役職 ④メールアドレス)
     
(2)受講希望者には、障がい学生支援室より受講に必要な「パスワード」、「受講者マニュアル(PDF)」等をメールにて送信します。特に学生の皆様については、障がい学生支援室のメールアドレスを受信できるよう設定をお願いします。

 ※PDFがメールにてご確認できない場合は、以下の対応となります。
 ・教職員:学内便にて資料を送付いたします。
 ・学 生:お手数ですが、障がい学生支援室に来室ください。
 
  1. (3)オンライン講座へのログインが可能であれば、受講できます。

【申込期限】
  申込期限はありません。随時、募集しております。
 
【その他】
 ・授業の合間や好きな時間に、オンライン講座を受講することが可能です。
 ・オンライン講座(導入編・基礎編)の受講修了者は、2級アクセシビリティリーダー(AL)の受験資格が得られます
  ※毎年12月頃に実施されるAL認定試験を受験する場合は、「2018年度版オンライン・アクセシビリティ講座」を受講し修了する必要がありますので、ご注意ください。
 ・2017年度版を受講していた学生・教職員のみなさまで、2018年度版の受講を希望する場合は、再度2018年度版のID・パスワードの発行が必要となりますので、ご注意願います。

 

ページのトップへ